自分らしい働き方 派遣VS正社員
自分らしい働き方 派遣VS正社員

いずれは正社員になりたい人の紹介予定派遣

派遣会社で紹介してくれるお仕事には、派遣社員として働くものだけでなく、いずれは正社員として雇用してもらえるお仕事もあります。最初の数カ月は派遣社員として働き、派遣期間が終わると正社員となれるもので、紹介予定派遣と言います。ただし、派遣期間が終われば必ず正社員になるというわけではありません。働く人と雇用する側の双方が正社員となることに同意した場合に限ります。派遣社員として働いてみたけれど、実際に働いてみると、その会社で正社員として勤める気にはなれない、というような場合は正社員にならなくてもよいのです。また、会社側も派遣社員としての働きぶりを見て、正社員として採用するのは見送りたいという場合もあるでしょう。

働く側にしてみれば、紹介予定派遣は、これから長く正社員として勤める会社を慎重に選ぶことができます。会社が自分に合っているかということは、会社の中に入ってみなくてはわかりません。一度正社員として働くと、辞めたいけれど簡単に辞めるわけにもいかないでしょう。その点、紹介予定派遣であれば、まず最初に派遣社員として働くことができるので、会社の社風や人間関係などを知ることができます。正社員として働く場合、1日の3分の1以上の時間を会社で過ごすことになるでしょう。そんな長い時間を過ごすのですから、働きやすい雰囲気の会社を選びたいものですね。紹介予定派遣なら、派遣期間中に会社の雰囲気を知ることができるので、自分に合っているかどうかを知ることができるでしょう。

サイトリンク